2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

3年前の今日

2006.02.02 (Thu)
2003年2月2日
私とダーの友達 「かめちゃん」 が天国に旅立った日。まだ28才だった。
今日は想い出話を日記にしよう

かめちゃんとの出会いは1999年
今は無き、朝霧人工スノーゲレンデ、私は当時スタッフとして働いてて、かめちゃんはそこに昔から通ってるローカルグループの1人だった
ある日、私が休憩時間にトランポリンでバック転をやったりして遊んでいたら、見事に顔面からスプリング部分に墜落
あん時にゃ、あたしゃ一生嫁には行けないと絶望したね
だって、顔面腫れて、前歯が2本吹っ飛んだんだもん
そこでどこに吹っ飛んだかわからない歯を、ローカルのみんなが探してくれて、見事に発見してくれたのが、かめちゃんだった
差し歯ができるまでの間、マスクをして勤務する私をバカにしてきたり、ほっぺが赤い事をバカにしてきたり・・・、そのトランポリン事件から、かめちゃん始め、他のローカル達とも仲良くなって、今もその付き合いは続いているんだ
しかも、そのローカル達の中のひとりと、まさか結婚する事になるとは、あん時は思ってもいなかったけどね

かめちゃんは、3年前の今日、雪の上で、天へと旅立った。
彼の大好きなスノーボードをはいたまま、旅立った・・・。
遠出をして、朝いちで滑り始めてすぐだったそうだ。
その日の朝、友人と撮った最後の写真には、空を見上げてにっこり笑ってるかめちゃんが写ってた
ダーがスノーボード行く時のバッグにはいつもその写真が入ってるんだよ

かめちゃんへ
かめちゃん、今年は雪がいっぱい降ってるね
かめちゃんも、そっちで滑ってる
今日は、すっごく綺麗な青空だよ
昨日からダーと二人でいっぱいかめちゃんの思い出話をしてるんだよ、聞こえてる
ねー、かめちゃん、今でもみんなスノーボードやってるよ
でも、かめちゃんのおかげでみんな、安全第一に楽しんでるよ
かめちゃんが、見守ってくれてるんだね
ありがとう
かめちゃん、今週会いに行くね 
おもしろい話いっぱい聞かせてあげるから待っててね
かめちゃん。

【編集】  15:06 |  まじめなお話  | TB(0) | CM2  | Top↑

初詣♪

2006.01.05 (Thu)
遅くなったけど、ようやく今日、初詣に行ってお参りしてきたよ
島田にある『大井神社』へGO
去年もダーと二人で行ったんだよね 毎年恒例行事にしよっかね
おみくじは、ダーは「吉」、私は「末吉」でした
まぁまぁかな 
中にごちゃごちゃ書いてあるやつ読んでみたら、二人共「出産」の所に
安産、心配なし!
ってあったから二人して大喜び 頼みますよ~大井神社様~
健康と安産を祈願して参りました
で、お守りとか売ってる所見てたら、何やら神聖っぽいがあったから、かっこいいという理由だけで購入
鈴とかついててかっこいいし、魔よけのお守りでもあるらしいから、神棚の無い我が家は、高い所に置けという神社の人の言う通りに天井に近い壁に置いてみました
我が家に悪い気が入ってこないよに、守ってください
さぁ、今日でダーの冬休みも終わり
明日から、また普通の生活だぁ~、頑張るぞ~
体重計に乗るのが怖いな・・・
20060105205109
【編集】  21:08 |  まじめなお話  | TB(0) | CM2  | Top↑

初・救急病院・・・

2005.12.06 (Tue)
痛い・・・
やっちまいました
夕飯の下ごしらえ中、ざっくりと指を切ってしまった
人参切る時だったから結構力入ってたのね
小指の先っちょを、爪ごとざっくり・・・
ぎゃ~~!!
とんでもない出血を見て、スゥーって体が冷たくなったよ
仕事中のダー呼び出して、初の救急病院へ
傷は深いけど、傷口がスパッと綺麗だったらしく縫わずにはすみました
今は小指が心臓じゃないかってぐらいドクドクしてて、激痛。
あ~あ。やっちまった。
痛いよ~~~
20051206194204

【編集】  19:59 |  まじめなお話  | TB(0) | CM13  | Top↑

  命 

2005.11.25 (Fri)
昨日、お友達のsatoのブログで書かれた「あやかちゃんを救う会」の記事を読んで、改めてについて考えさせられた。 今まではあまり外に出さなかった想いを記事に残してみることにする
私は今年の5月に、生まれて初めて妊娠をした だけど、発覚直後から出血が止まらず、日に日に体調も悪くなっていった 病院からも、妊娠初期の場合は安静にしてる他、どうすることもできないって言われてた
スイカメロン以外何も食べれなくて、ほんとこのままカブトムシになってしまうかと思った
ダーなんて一人で恥ずかしいのに本屋で「たまごクラブ」なんて買ってきてくれたりして、日に日に体調悪化する私に元気と笑顔で励ましてくれてた 実家で世話になってたから、ダーは会社と実家の往復 
そして、私が実家に移ってから、初めてダーが泊まって隣で寝てくれた日の朝。
目が覚めた時に、わかったんだ・・・
体の奥の奥の芯の方が、ひんやりしてる感じだった。
子宮の奥の方から、何かが流れてくる感じ。
流産・・・
名前の意味が初めてわかった気がした。
写真に袋すら写らない時期の初期流産だった。
だから、正直言って妊娠した事も流産した事も、あまり実感がわかないぐらいのあっという間の妊婦生活だった。
同じ病棟では、もっと妊娠が進んでから流産してしまった人が、車椅子に座ったまま泣き崩れてた 入院中、夜になるとシクシク泣き声も聞こえた。

長文なので暇な方はクリックどうぞ
【編集】  21:22 |  まじめなお話  | TB(0) | CM6  | Top↑

お空の君へ

2005.10.25 (Tue)
今日は何だかお空がすごく綺麗でいろんな事考えた
だから自分のブログでお空の友達を紹介する事にする
私の永遠の親友である「IGA」。 中学からの付き合い。高校も一緒で、あいつが空に行くまでの間は、たぶんお互い親より恋人より誰よりも一緒の時間を過ごしたんじゃないかな。長野、北海道、ニュージーランド、二人でたくさんたくさん旅して、飲み会して、喧嘩して・・・

   「monも遊び行こうよ
   「今日はめんどくさいし、やめとくわ

まさかこれが最後になるなんて、0.1%も思ってなかった。
前日、一緒に飲んだばっかじゃん
それ以来いくら墓参りしても、いくら泣いて訴えても、夢の中ですらあいつは現れない。 ただ、たった一度だけ、お葬式の数日後に

「mon、やっちゃったよ

って、たった一言照れ笑いして夢の中に現れたっけ。
「やっちゃったじゃね~よ
って私は怒鳴ったけど、あいつはただ笑ってるだけだった。
まるで、駐禁とられたって時ぐらいの、軽いノリで言うんだよ
こうしてブログであいつの事書けば、びっくりして空から少し下りてきてくれんじゃないかな~と期待してる
あいつと話したい事は山ほどあるけど、実際想像してみると、何話していいかわからん
だからたまにはこうしてあいつの話をしよう
空にもインターネットぐらいつながってるら(笑)

  ニュージーランドにて当時ファンだったプロスノーボーダーと
        mon、デバンウォルシュ、IGA
         20051025190305
【編集】  20:08 |  まじめなお話  | TB(1) | CM8  | Top↑
«Prev  | Home |  Next»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。