2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ディパーテッド

2007.01.24 (Wed)
週末にダー君とデート、映画を見てきたよ
   『ディパーテッド』
20070124221013.jpg犯罪者の一族に生まれたビリー(レオナルド・ディカプリオ)は、自らの生い立ちと決別するため警察官を志し、優秀な成績で警察学校を卒業。しかし、警察に入るなり、彼はマフィアへの潜入捜査を命じられる。一方、マフィアのボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)にかわいがられて育ったコリン(マット・デイモン)は、内通者となるためコステロの指示で警察官になる。

予告や、CMがかなり魅力的ですっごい期待して観たんだけど・・・
ん~~~
期待してた割には・・・
ここ最近『24シリーズ』慣れしてるせいか、考えたり、じらされるのが当たり前だっただけに、ポンポンとフルスピードで進んでいく展開の早さに少々ついて行けなかった・・・ってのと、
ラストが・・・
えぇぇぇ・・・って感じで
んま、最後まで飽きる事は無かったけどね
コステロ(ジャックニコルソン)の、迫真の演技は、超しぶくってかっこ良かった
あと、脇役だけど、コステロのパートナー(親友?)役の俳優さんが良い味出してて、結構好きだなぁ


スポンサーサイト
【編集】  22:28 |  映画  | TB(0) | CM0  | Top↑

武士の一分

2006.12.21 (Thu)
2週間前位に観た映画だけど、記録するの忘れてた
キムタク主演 「武士の一分」
本当は「007」観たかったんだけど、時間が合わなくて急遽観る事にしてみたんだけど、最初はキムタクがコントやってるようにしか見えなくて、クスクス笑っちゃった
この映画のロケで、うちの近所のホテルにキムタクご一行様が来てた事もあって、知ってる場所映るかな~と思ったけど、ただの草むらだったから特に発見もなかった
内容的には、ん~、まぁ、日本人として武士の生き様を見れて、こんな時代もあったのかね~って感じかな。
キムタクはもちろん、他の大物俳優・女優さん達の迫真の演技は素晴らしかった
私はキムタクと一緒にいる爺さんが一番いい味出してると思った


 一分とは・・・

 命をかけて守らなければならない名誉や面目

 私の一分とは、何だろうな・・・
【編集】  11:25 |  映画  | TB(0) | CM0  | Top↑

プリズン・ブレイク

2006.08.29 (Tue)
またまた、素晴らしい海外ドラマに出会ってしまった

プリズン・ブレイク!!

まっじでおもしろい
無実の罪で死刑宣告され刑務所に入っている兄を助けるために、IQ200を持つ弟が、死刑執行になる前に何とかしようと奮闘するお話なんだけど、
んもぉ~、24シリーズに負けない位にハラハラドキドキ、タイムリミットで手に汗にぎる
夏休みの間に一気に観てしまった
後半のレンタル開始が12月だから、んもぉ~待ちきれない
しかもこの主人公の天才弟「マイケル・スコフィールド」
20060829182026.jpg
かっこいい~
ほんとかっこいい もろタイプっす

24のシーズンⅤも、9月2日からレンタルスタートになるから、これからますます海外ドラマ注目です
【編集】  18:25 |  映画  | TB(0) | CM0  | Top↑

M:i:Ⅲ

2006.07.17 (Mon)
日曜に観てきたぞい
 ミッションインポッシブル3
う~む、何ともジットコースタームービー
とーーーっても展開が早くて、飽きず、あっという間に終わってしまった
トムのアクションにも拍手
手に汗にぎりっぱなし、ドキドキハラハラ、そして二転三転するサプライズも、おもしろかった
ちょっと強引なラストシーンではあったけれども、期待を裏切らないMIシリーズでございました
MI3.jpg

【編集】  22:00 |  映画  | TB(1) | CM4  | Top↑

チャーリーとチョコレート工場

2006.07.15 (Sat)
映画館で見れずじまいだった、チャーリーとチョコレート工場
ようやくDVDで観れた
おもしろーーーい 
パイレーツのジャックスパロー船長のジョニーとは、まるで別人のジョニーにもびっくらこいた
何とも夢あふれるファンタジーなんでしょ
簡単なあらすじは

幸せな日々を送っていた少年チャーリーだが、生活は貧しく、住む家は 30度も傾いた あばら家… そんなチャーリーの家のそばには、世界で最も有名で 謎めいたウォンカのチョコレート工場があった。 ある日 ウォンカは、「板チョコに入った幸運のチケットを引き当てた 5人の子供たちを、工場内に招待する」 と発表する。 肥満少年、金持ちの わがまま娘、嫌味な “勝ち組” 少女、ゲームおたく に続き、チャーリーは最後のチケットを手にする!

20060715113259.jpg お菓子の森に、チョコの滝&川に、くるみ割りを担当するリス達・・・夢いっぱい 観てるだけでチョコの甘い香りが漂ってきそだよ
ウンパ・ルンパ族のご機嫌な歌&ダンスも、わくわくして、かわいくて楽しかった~
主人公チャーリーの、家族への思いやりや愛にも感動させられた
色んな親と、その元で育った個性ある子供達がたくさん出てきたけど、やっぱ我が子はチャーリーのような優しい子に育って欲しいな


【編集】  11:52 |  映画  | TB(1) | CM4  | Top↑
 | Home |  Next»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。