2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

5年前

2006.06.29 (Thu)
今週末で、親友IGAが亡くなって、ちょうど5年になる・・・。
関西から・・関東から・・長野から、今年もニュージー時代の数人の仲間が集まって、日曜にお墓参りに行くんだ
もぅ5年も経ったんだ
あいつは22才のままなんだ。これから何年経っても、あいつは22のまま皆の心の中に生き続けるんだな
5年前。
私は当時、東京でバイトしながら一人暮らしをしてた
上京に憧れた若きフリーターの日々
バイト先で3連休もらって、静岡に帰ってきてた。何だかんだ言って、地元の友達が一番ホッとしたし、楽しかった
さっそく夜にIGAと飲みに行った
当時、IGAといい感じになってる男の子がいて、私はそのオマケみたいな感じで、2対2で飲み会
そいつが、すごく羽振りのいい奴で、必ずご馳走してくれる しかも頼み方が半端ない 
1杯ワインが飲めればいいって言っても、必ず一番高いボトル入れるし、お料理も食べきれないぐらいに出てくる
値段なんか見ちゃいない
BMWのオープンカーに乗ってて、ドライブにも連れてってくれた BMを店の正面に停めると店の人が車を駐車場に持ってってくれる。 あたし達はお姫様だった
いやぁ~、IGAのおかげで、あの頃はほんっとおいしい思いさせてもらったわぁ
久能街道沿いのオープンカフェみたい所でバカっ騒ぎして飲んだ
それがあいつと飲んだ最後のお酒だった。
その3日後にまさか、同じ久能街道であいつが事故るなんて、ほんの1㍉も想像できなかったわ。
5年前の今日・・・
あたしにとって『死』なんて、テレビの中の出来事だった。毎日がお祭りみたいで、バカな事ばかりしてた。怖いもんなんて無かった。失恋がこの世で一番つらい事だと勘違いしてた。
あの夏に戻ってみたい。
そしたら・・・そしたらそしたら、あいつの旅費もあたしが稼いで、強引にでもニュージーに連れて行くんだ
夏はニュージー、冬は北海道や新潟、あいつが嫌って言っても無理矢理でも、連れてくんだ。
毎年毎年あいつとそうしていたように・・・。

あいつと最後に飲んだビールが、むしょうに恋しい。
あの久能の店・・・行ってみようかな。
あぁ・・・だめだ。想像しただけで泣けてくる。

5年か・・・。







スポンサーサイト
【編集】  22:21 |  まじめなお話  | TB(0) | CM4  | Top↑

恐怖

2006.05.19 (Fri)
私が一番恐れてるもの・・・それは「死」
自分の死ではなく、自分の大切な人の死。
こんな事考えるあたしは不謹慎なのかもだけど、私はいつもそれに怯えてる気がする
友達とバイバイした後も、1人になるとふと思う。
『これが永遠の別れになったらどうしよう』
ダーが平日に東名で清水までフットサルに行くと言う。 
私は疲れててもできるだけついていく
『ダーが事故に巻き込まれ死んでしまったら嫌だから・・・残されるのは嫌、だったらあたしも一緒に』
1人で留守番なんかしたら、きっとずっとそんな事ばっか考えてソワソワしてしまう。
そんな日常で死を意識してる人ってどれくらいいるんだろう?あたしはおかしいのかな・・・ だって、怖いんだもの。
死とは常に近くに潜んでる IGAだって、あの夜事故で死ぬってわかってたなら、あいつからの最後の遊びの誘いを『めんどくさいからいいや』なんてバカげた理由で断ったりしなかった。
そんな風に断って、それが永遠の別れになるなんて、微塵も思ってなかったし。悔やんでも悔やみきれないよ。
だから、あれ以来あたしは常にこれが最後かも・・・って不安を胸に抱いてる。
かっこよく言えば、生きてるからこそ、『今』を精一杯、悔いの無いように生きようって、前を向いてるように見える。
だけどね、だけど、最近それが疲れるんだ
常に「死」を意識し、常に大切なものを失うんじゃないかという不安と隣り合わせで、どうしようもない気持ちになる
失う事恐れては何も始まらないんだと、わかってはいても、失う事から先に考えて不安の波に飲み込まれる
家族・友達・愛犬・・・できる事なら私より先に逝かないでほしい。取り残されることを想像するだけで、気持ちが悪くなる。
地震や災害にはいろいろ備えようがあるが、死に対してはどんっなに心構えしてようと、備えてようと、私の心が暗い谷底に突き落とされる事からは逃げられない。
どうしたらいい?
疲れたなんて言ったら、あっちにいるIGAに怒られっかもしんないけど、なんだかさ、
そういう不安から解放されて、心底安心したいな・・・
じいちゃん、ばあちゃん、長生きしてくれ!
パパママ、いつまでも元気で長生きしてくれ!
グリ、犬の寿命の最高記録をお前が作れ出せ!
大切な仲間達、突然いなくなるな!突然さよならするな!
ダー、結婚の時の条件『あたしより早く死ぬな!』を守れ!
ベビ、もぅ途中で空に引き返すな!ちゃんと私達の元に来い!

みんな、頼む。




【編集】  23:33 |  まじめなお話  | TB(0) | CM2  | Top↑

イガとの再会

2006.04.02 (Sun)
今日、実家の居間のコタツでウトウト寝てた時、夢を見た
あまりにも思いもよらない夢
今は天国にいるあたしの永遠の親友イガが突然現れた・・・

あいつが事故で逝って数日後に一度だけあたしの前に現れたっきり、それ以来かれこれ4年以上もの間、どっっっっれだけ会いたいと願っても、夢にも現れなかった奴が突然やってきた

夢の中なのに、私は今日着てる服着て、ウトウトする前に見てたTVもつけっぱなし 台所からはMAMAの声も聞こえてる状態
ほんと夢と現実の狭間にいるような不思議な体験だった
(夢の中で)目が覚めると、あいつは一緒にコタツに入ってた
昔はよくうちで待ち合わせした時、私が部屋で寝てる所を勝手に上がってきて、気付くとあいつが部屋にいるなんて事は当たり前だったから、特にビックリするわけでもなく、
「おぉ、来てたんだ?」
って、声かけてた。
私も今思うと何であんなに冷静だったのか不思議
ただ、『久々に遊びに来てくれたなー』っていう感情は確かにあったんだ。
会話はしてない・・・と思う。記憶は曖昧。
あいつはアメリカ帰りのロックンローラーみたいになってた ←どんなだよ(笑)
黒っぽいバンドマンみたいなTシャツ着て、ジーパンのポッケにはジャラジャラ色んなのつけてた 首には小さな漢字のタトゥーも入ってて、なんだかかっこいい女になってたなー
我が道を好きなように生きているって感じの、かっこいいあいつがいて、
『あぁ、楽しんでんじゃん』
って思った時、目が覚めたんだ
何かを伝えたかったとかメッセージのような物はなく、ほんとただ顔見せに遊び来てくれたよな感じだったなー

前、TVで聞いた事がある。
生きている私達が、あの世にいる会いたい人への想いや念が強すぎると、そのパワーに邪魔されて、あの世の人は夢枕にも立つ事ができないんだって
だから会いたいと思う人ほどなかなか夢に出てこないらしい 夢の中に入れる隙を与えてもらえないんだって
最近ではイガの事も笑って話せるよになったし、受け入れられたと思うし、いい意味で離れる事ができたと思う。
だからかな

嬉しい・・・。すごく嬉しい・・・。

20060402230326.jpg あいつも楽しくやってんじゃん 
かわいくなってたし・・・
あたしも頑張らなくちゃ 
あの世のあいつに負けてらんないぞ

次はいつ会えるかな・・・
楽しみだね、グリっ

【編集】  23:30 |  まじめなお話  | TB(0) | CM11  | Top↑

女性の医療保険

2006.02.09 (Thu)
今日は、病院に診断書もらいに行ってきた
ママが結婚時に勧めてくれた生命保険の女性特約のおかげで、経済的にものすごく助けられてる
1回目の手術・入院の時も、思ってもいないぐらい黒字になって、そのお金でバリ島旅行に行けたんだ
保険金で旅行に行くなんて、不謹慎かしら
まぁまぁ、保険会社からの、これで元気になってくれっていう見舞い金のようなもんなんですから(←多分・・・笑)、ある意味では正しい使い方でしょう
今回も、もちろん充分な保障をしてもらえるから、助かる
前の時と違って、これからいろんな検査にお金もかかるだろうし、黒字分はそれに備えておけるからひと安心
手術・入院歴があると、新たな保険に入るのは難しいみたい 
入れても、条件付きだったりね
元気な時にこそ、最低限の保険には入っておきましょう
これから結婚する女性や、妊娠を望む方は特に

で、せっかくはるばる清水に来た事だし、ダーも今日は仕事が遅くなるみたいだから、実家でのんびりする事に
偶然にもお休みだった弟君とランチに行ってきた
清水駅の裏通りにある、洋食屋さん『コロッケ』


私(左) プチランチ¥525 煮込みハンバーグ・コロッケ・マカロニサラダ
弟(右) 3品ランチ¥945 焼肉・チキンカツ・コロッケ・マカロニサラダ

安くて、おいしくて、ベリグゥゥゥ
【編集】  17:52 |  まじめなお話  | TB(0) | CM2  | Top↑

節分厄除け祈願祭

2006.02.04 (Sat)
今日は、厄除け祈願に行ってきた
ダーのお義母さんが、二人分のお金も払ってくれて申込みもしてくれてあったのだが、私が今まで育ってきた環境では、そういう事は一切やらなかったから、厄除けとか、お祓いとか言うと、おだ無道みたいな「悪霊退散」のイメージしか無くて最初は戸惑った
だけど、周りに聞くと結構みんな普通に行ってるみたいね
20060205080654.jpg神社に行ってまずびびったのはこれ
ちょっと影になっちゃって見えにくいけど・・・
昭和54年生まれのわたくし
『八方塞』じゃないっすか
何やってもうまくいかなくって、手の打ちようがないって・・・
ひ、ひ、ひどいわぁぁ~
さすがに、お祓いに少し引き気味だった私も、これ見たら何だかやってもらった方がいいかもって思ったさ
人もすいてて、二人きりでお祓いしてもらった
何か、陰陽師みたいな格好してる人に、1年頑張ってみたい事言われて、少しやる気になった
何事も、やってみなきゃわからんわね
お義母さんに感謝しなくちゃ
八方塞がりの私にも、少しは道が開けたかしら
20060205082027.jpg これ、もらったんだけどさァ・・・
 戌年だからなんだろうけど、右上のやつ、これはどう見ても猫だって、ダーが言い張ってるんだよね
 バイトのやつが入れ間違えたって言ってるけど、猫年なんて無いんだからねぇ・・・
それより、私は右下のやつが、水10でゴリがやる「落ち武者」に見えて仕方ないや(笑)

20060205074424.jpg 福豆の中に入ってたくじで当たった『新巻鮭』 どうやら1等らしい こんな所で運を使ってどうする~ でも私もダーも初めて見て、新巻鮭についていろいろ教えてもらったから勉強になったね
 体長約70センチ位はあったかな うちのバァバにさばいてもらったら、いつもスーパーで見る切り身に変身 焼いて食べたらおいしそう
 さばききった時には、山積みになった切り身と、疲れ切ったバァバ
    お疲れ様、ありがとう
【編集】  23:51 |  まじめなお話  | TB(0) | CM6  | Top↑
 | Home |  Next»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。